記事タイトルの付け方を変えれば記事は読まれる

検索すると多くの記事が表示される中から、何を基準にして読む記事を選んでいると思いますか。

読者は記事のタイトルを見て読むかどうかを決めています。

どんなに内容が良くても、タイトルに魅力がなければ、通り過ぎてしまいます。

検索結果に表示される記事を上から順番に読むのではなく、悩みの解決策や望みを叶える方法が
ありそうなタイトルを探して、ページを開いていませんか。

これと同じ状況が自分の書いた記事にも起こっています。

ページを開いてもらうには、どんな知識・情報・知恵を得られ、どんなに役に立ち、得をして、
読む価値があるかを、強調して伝える必要があります。

当ページでは、タイトルの付け方の基本・効果的なタイトルの付け方・人を惹きつけるタイトルの
付け方・タイトルを自動で作成するを紹介しています。

タイトルの付け方の基本

なるべく短めにページの内容を説明する

タイトルは検索結果に表示されるため、読者が読むかどうかを判断する決め手になる。
全角で約30文字が検索結果のタイトルに表示されるため、30文字以内でタイトルを付ける。
タイトルを読むだけで記事の内容が把握でき、悩みの解決策や望みを叶える方法など、役に立つ
情報があり、読む価値があると思えるタイトルにする。
タイトルひとつで読者に与える印象は大きく変わるので、妥協せずに納得がいくまで考える。

世間一般的に知られている用語や言葉を使う

難しい名称(人名・地名・会社名・商品名・建造物名など)・カタカナ語・英語・言葉・漢字、
あまり知られていない名称・専門用語・業界用語などは使用しないで、誰にでも分かる言葉を使う。
読者は難しい用語や知らない言葉で書かれていたら、読む気が失せてしまうので、自分が使いたい
自己満足な言葉ではなく、読者が読めて意味が分かる言葉で、タイトルを付ける事が重要である。
使用する場合は、属性を付けると分かりやすくなる。
ソフトウエア最大手マイクロソフト・パナソニック創業者の松下幸之助氏・神戸の異人館など。

1ページに1テーマでタイトルを付ける

ページタイトルは1ページに1つなので、ページタイトルとは違う内容が掲載されていると読者は
不信感を抱くので、関係ない情報は削除する。
文章量が多い場合は、何ページかに分け、記事のタイトル名1・2などにしないで、各ページごとに
記事の内容が分かるような個別のタイトルを付ける。

記事ごとに個別のタイトルを付ける

複数のページに同じタイトルが付けられていると、読者は目的の情報がどのページにあるのか
探せないので、記事の内容が分かるようなタイトルを個別に付ける。
似たテーマや続編を書いたとしても、記事のタイトル名1・2などにしないで、類義語・同義語などに
置き換えて、各ページごとに個別のタイトルを付ける。

正確に伝える

成果を上げたいからと、嘘をつく、偽る、内容と違うタイトルを付けるなど、詐欺まがいな表現は
しないで、正確に伝える事が重要である。
読者は意外と見抜いているので、嘘はつかない、偽らないで、事実の通りに伝えるのが信頼される
近道である。

記事を書き終えてからタイトルを付ける

仮タイトルで記事を書き、お茶をするなど気分転換をしてから、もう一度記事を読み直して、
仮タイトルが記事の内容に合っているか確認する。
気分転換をして読み直すと、矛盾している点、足りない点、誤字脱字などに気付いたり、
新しいひらめきがあったりして、さらに内容を充実できる。
余裕があれば、次の日にもう一度記事を読み直してから決める。

効果的なタイトルの付け方

読者を想定する

この記事を必要としている読者を想定すると、読者は自分に関係があるような気がして、思わず
読んでしまう。
初心者・あなた・主婦・おやじ・子供・平社員・新入社員・管理者・社長・男性・女性・男子・女子・
夫・妻・ニート・オタク・草食系・肉食系・新成人・アラフォー・アラサー・中高年・60代など。

具体的な数字を入れる

金額・時間・個数・統計・割合などを使うと、より具体的になり分かりやすくなる。
10や100などのように切りの良い数字より、中途半端な切りの悪い数字ほど信憑性が増す。
1g配合、1000mg配合、同じ意味だが受ける印象に違いがあり、小さな数字よりも大きな数字に
興味を示すので、数字を使う際には単位にも気を付ける。
○円・○分・○時間・○日・○ヶ月・○年・○割・○%・○名様・○つ・○個・○ポイント・○位・
○倍・○件・○点・○回・○役・○歳・○kg・ベスト○・ワースト○・○選・NO.○など。

疑問符を付ける

[?](クエスチョン)を付けて、読者に問いかけて共感を得る。
使い過ぎると説得力に欠けるので、???のように連続で使わないで、必要な箇所にだけ付ける。
~ないですか?・~ですよね?・~ありますか?・~ありませんか?・~ある? ・~あり?・
~ない?・~した事は?・~していませんか?・~なのでしょうか?・それが問題?など。

感嘆符を付ける

[!](エクスクラメーション)を付けると、目を引く効果がある。
使い過ぎると説得力に欠けるので、!!!のように連続で使わないで、必要な箇所にだけ付ける。
~を使ってみよう!・~をやってみよう!・役に立つ!~・~が話題に!・~を暴露!・~に注意!・
~がすごい!・~がありえない!・~ができる!・~が分かる!・~が衝撃的!など。

強調した表現を使う

強調した表現を使い、心に響かせる。
最強・速攻・極限・劇的・強烈・過激・衝撃・驚異・絶対に・非常に・最大限に・絶好の・絶賛の・
驚くべき・史上最高・人気絶頂・完全制覇・人気沸騰・申し込み殺到・圧倒的・爆発的など。

役に立つ情報である事を伝える

タイトルを読んだだけで役に立つ情報があると分かるように強調する。
必見・~の秘訣・驚きの~・理想の~・決定版・太鼓判・完全版・大進化・大満足・実用的・耳寄り・
まだ間に合う~・~に選ばれた・~のお陰・確実に・間違いなく・効果・成果・効能・機能など。

簡単である事を伝える

同じ結果を得られるのであれば、早く簡単に達成したいので、少ない行程で実現できる情報があると
強調する。
簡単・早い・易しい・楽勝・簡単すぎる・楽すぎる・初歩的な・気楽に・気軽に・すぐに・
敷居が低い・難しくない・~しやすい・手間いらずの~・たったの~だけでなど。

最新情報を伝える

常に新しい情報に興味を示すので、読まれる確率が高くなる。
いよいよ登場・とうとう出た・ついに出た・新しい~・~を発表・~が登場・~を新入荷
新シリーズ・新発明・新発見・新登場・新型・最前線・史上初・初公開・次世代のなど。

希少性を強調する

物を買うかどうか考える時、数・限定・期間など滅多に手に入らない条件が加わると、
必要が無い物でも欲しくなるので、成果につながりやすい。
最高級・価値が高い・高性能・高機能・超豪華・わずか・期間限定・珍しい・名人直伝・プロ仕様・
極めた・秘法・秘伝・究極・先着・限定・得難い・類まれな・滅多にない・今なら・今すぐなど。

キーワードを含める

検索結果の上位に表示させたいキーワード、興味を引くようなキーワード、検索されそうな
キーワードを含める。
簡単・便利・儲かる・お金・人気・老後・家庭・仕事・結婚・恋愛・失敗・不安・恐怖・孤独・自由・
YouTube・Facebook・Amazon・楽天・Google・2ちゃんねるなど。

否定する

自分に関係のあるものが否定されると不安になり、回避する方法が気になる。
損をした~・稼げない~・失敗した~・売れない~・挫折した~・~ができない・役に立たない~・
格好悪い~・恥ずかしい~・みっともない~・迷惑な~・魅力がない~・経験不足が招いた~など。

著名人の影響力を活用する

影響力のある人が賛同したり、影響力のある人を話題にしたりすると、注目されやすい。
有名人・芸能人・アイドル・タレント・歌手・ミュージシャン・俳優・モデル・声優・プロデューサー・
映画監督・演出家・アナウンサー・ヒーロー・ヒロイン・政治家・先生・専門家・教授・社長など。

秘密にして好奇心を刺激する

大した事ではなくても、秘密と書かれているだけで、思わず読んでみたくなる。
オフレコ・シークレット・マル秘・門外不出・大暴露・極秘・極意・ 内緒・封印・非公開・秘伝・
秘訣・秘中・秘中の秘・秘密裏・奥の手・ここだけ・とっておき・秘められた・隠されたなど。

生存本能を刺激する

目の前にライオンがいたとすると、意外とかわいいとは考えないで、襲われると考え逃げるだろう。
これは生存本能により、危険から身を守るために、悪い方に考え、危険を避けようとするからだ。
無知・無能・不安・恐怖・痛み・苦しみ・悩み・焦り・孤独・退屈・欲望・願望などの生存本能を
刺激し、危機感を高めて、行動を促す。
知識を得たい・他人に勝ちたい・社会的に認められたい・経済的に成功したい・こんなはずではない・
世の中に取り残されたくない・誰かとつながっていたい、などの感情を刺激する言葉を使う。

人を惹きつけるタイトルの付け方

まとめ記事

特定の物事に関するまとめ・方法・使い方・作り方・秘訣・コツ・ポイントなどを箇条書きを使い
まとめて紹介する記事が人気で、アクセスを集めやすい。
~のまとめ・~について・~するには・~する方法・~するテクニック・~する理由・完璧に伝授・
~の基礎知識・~の講座・~したらやるべき事・知っておくべき~・~の選び方・~の仕方など。
例 [アフィリエイトのメリットとデメリットのまとめ]や[英会話が上達する効果的な方法]や
  [話し方のマナーとコツ]など。

得をする

知ると得をする情報・企業のキャンペーン情報・無料プレゼント情報などを紹介する記事も人気で、
好奇心を刺激しやすい。
今回限り・今年最後の・ここだけの話・裏情報・裏技・無料・プレゼント・格安・激安・即納・
送料無料・便利グッズ・もれなく・○し放題・期間限定・大売出し・さらに・誰でも・無制限など。
例 [公共料金をお得にするクレジットカード]や[掃除をする時に役立つ裏技]や
  [ポイント10倍プレゼントキャンペーン!]など。

悩みを解決する

誰もが多かれ少なかれ悩みを持っていて、その悩みを解決する方法を捜し求めているので、
コンプレックス・気になる事・問題・悩み・不安・疑問などを、克服、解消、改善できる情報は
検索されやすい。
アンチエイジング・美容・ダイエット・癒し方・健康法・治療法・体型・身体・育児・家庭・結婚・
恋愛・お金・性格・仕事・人間関係・学歴・生き方・失敗・不安・恐怖・孤独・介護・病気など。
例 [あなたが痩せられない理由]や[会社をやめて自由に暮らす方法]や
  [誰でもできる片づけテクニック]など。

ニュース

世の中に取り残されない程度に知っておきたいものなので、政治・経済・社会・海外情勢・話題の物・
旬の物・流行の物・エンタメ情報・IT情報・おしゃれ・美容・グルメ・ショッピングなど、
あらゆる分野の最新の情報、重要な出来事は、読まれやすい。
一挙公開・全貌解明・スクープ・最新情報・速報・特報・発覚・大分析・~を暴く・大暴露・
オフレコ情報・シークレット情報・マル秘情報・緊急決定・要注意・大注目・大感動など。
例 [おすすめの省エネ家電]や[確実に稼げる新しいネットビジネス]や[最新!恋愛事情]など。

評判・噂・口コミ

他人の行動を気にして、無意識に周囲の行動に合わせたり、真似をしたりするので、場所・商品・
サービス・人物・企業・店・物事などの、評価、比較、評判、噂、本音、体験談が、読者の行動を
起こすきっかけになるため、参考にされやすい。
評価・比較・評判・噂・結果・成果・効果・ランキング・口コミ・レビュー・体験談・経験談・成功談・
失敗談・感想・意見・本音・生の声・良い点・悪い点など。
例 [今口コミ人気商品はこれ!]や[一度使ったら手放せなくなるホームベーカリー]や
  [癒される温泉ランキング]など。

あなたに関係がある

自分に関係がある記事だと当事者意識を持たせて、読者の感情を刺激する。
あなたの~・あなたが~・あなたを~・あなたは~・あなたより~・あなたまで~・あなただけに~・
あなたばかりが~・あなたしか~・あなたこそ~・~のあなたに・~なあなたへ・~になるあなたなど。
例 [あなたのブログが読まれない理由]や[自動車保険をお考えのあなたに]や
  [こんな時、あなたならどうしますか?]など。

正反対を比較する

逆の視点から見た裏、反対の現象と比較する事で、悩みが解決し望みが叶うと、何を得られ
どう変化するのかを深く刺激できる。
得する&損する・金持ち&貧乏・成功&失敗・稼げる&稼げない・売れる&売れない・新しい&古い・
できる&できない・役に立つ&役に立たない・良い点&悪い点・あり&なし・安全&危険など。
例 [金持ち父さんの考え方、貧乏父さんの考え方]や[株を買って得する人、損する人]や
  [成功する会社の社長と倒産する会社の社長の違いとは]など。

生活・暮らし

安全で快適な環境を手に入れるために必要な、情報・手続き・知識・知恵・裏技などは、少しでも
生活・暮らしが良くなる、楽になるために、誰もが望んでいるので、読まれやすい。
家計・貯蓄・保険・年金・税金・収入・冠婚葬祭・マナー・災害・防犯・防災・家電・家具・介護・
投資・環境・交通・学校・ペット・住宅・引越し・リフォーム・駐車場・不用品・豆知識・知恵袋など。
例 [退職までにいくら貯めれば老後は安心か]や[結婚式で恥をかかないために]や
  [地震が起きたらやるべき事]など。

節約する

少しでも生活・暮らしを豊かにするために、時間、お金、労力などを節約する方法・知識・知恵・コツ・
裏技など、誰でも無理せず簡単にできて、効果の高い節約術を求めているので、読まれやすい。
電気・ガス・水道・食費・保険料・教育費・衣料品・通信費・医療費・家事時間・仕事時間など。
例 [睡眠時間を短くする方法]や[台所滞在時間10分で豪華レシピ]や
  [ガソリンを節約するコツ]など。

実際に体験する

商品を購入、サービスを利用、訪れた事があるなど、実際に体験した本人だけが知っている、他では
提供されていない独自の情報は、これから体験する人には、参考になるので読まれやすい。
実際に試した効果・成果・結果・評価・意見・感想・本音・良い点・悪い点・失敗談・成功談・経験談・
体験談・役に立った物・役に立たなかった物・気に入った物・気に入らなかった物など。
例 [高速バス・夜行バスで行ったツアー体験談]や[この健康食品でサラサラ血を得られる理由]や
  [この洗顔石鹸ならエステと同じ効果が得られます]など。

自分が得た知識

勉強した、調べた本人だけが分かる、他では提供されていないような内容・経緯・手順・結果・成果・
対策・種類・使い方・方法など、説明書、手順書、報告書のような情報は、その情報を
検索しようとしている人の参考になるので読まれやすい。
実際に勉強したり調べたりした内容・専門用語の意味や使い方・スキルアップする方法・
レベルアップする方法・トラブルの確認方法や解決方法・インストール方法や設定方法など。
例 [主婦が夫より高給取りになる方法]や[10万円の自己資金でビジネスを成功させるには]や
  [Evernoteのインストール方法と設定方法]など。

タイトルを自動で作成する

記事タイトルの付け方ひとつで、大勢の注目を集め、アクセスを集める事ができます。

そんな記事のタイトルを自動で作成してくれるサービスがあります。

いくつか候補がでてきますので、そのまま使用しても良いし、アレンジして使用しても良いし、
無料で利用できるので、タイトルに悩まれる人は試してみてください。

ホッテントリメーカー

ホッテントリメーカーの特徴

はてなブックマークは、ブックマーク数に応じたランキング形式なので、人気エントリーに
掲載されると、アクセス数の増加が見込めます。
その人気エントリーの事をホッテントリ(hot entry)と呼びます。
そのホッテントリになりそうなタイトルを自動で作成してくれます。
[今日は]の後にキーワードを入力して、[について書く]をクリックするだけで、5つ候補が
出てきます。
[→○○についてもっとタイトルを作る←]をクリックするとさらに他の候補を見る事ができます。

ホッテントリメーカーの利用

こちらで利用できます→ ホッテントリメーカー

最後に

アフィリエイトでお小遣い稼ぎを続けていくためには、ページを開いてもらわなければなりません。

タイトルは運営サイトへの入り口です。入り口が目立たなければ、通り過ぎてしまいます。

入り口に気が付いて入ってもらうには、心を動かす魅力的な言葉で、入り口へ誘導する事です。

あわせて読みたい関連記事

・ すぐに使える記事のネタ
・ 記事のネタを効率良く探す方法
・ 読まれる記事の書き方
・ 稼げるアフィリエイトサイトの作り方

 


カテゴリー: 最新記事 パーマリンク