相互リンクはSEO対策になるのか

相互リンクは行うべきか止めるべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ソーシャルブックマークに登録したり、ランキングに登録したりなど、簡単に被リンクが
得られるようになり、相互リンクは時代遅れになりつつある被リンク対策です。

ですが、やり方を間違わなければ現在でも相互リンクはSEO効果があります。

当ページでは、相互リンクとは・自然な相互リンクと不自然な相互リンク・ペナルティ判定を受ける
可能性がある相互リンク・改善した方が良い相互リンク・相互リンクの必要性・効果的な相互リンクの
仕方・相互リンクの注意点を紹介しています。

相互リンクとは

自分が運営しているサイトと他の方が運営しているサイトでお互いにリンクを貼り合い、お互いに
サイトのタイトルやURLや紹介文などを掲載します。

片方のサイトの管理者がもう一方のサイトの管理者に相互リンクの依頼を行い、承諾され、双方が
リンクを貼り終えた時点で相互リンクが成立します。

相互リンクはお互いの同意が必要になります。

いつの間にか知らないサイトから運営サイトへリンクが貼られていたり、運営サイトからお気に入りの
サイトにリンクを貼っても、これは一方向のため相互リンクにはなりません。

相互リンク先を探したり、リンクを貼ったり、相手に連絡をしたりなど、相互リンクが成立するまでに
手間や時間がかかります。

自然な相互リンクと不自然な相互リンク

Googleはサイトのインデックスの登録や検索エンジンでの検索結果で表示される順位で
有効なのは、自然なリンクのみだと公表しています。

Googleは自然なリンクと不自然なリンクを判別していて、自然なリンクとはそのサイトが利用者に
とって便利で役立つ価値のある情報が多いと他のサイトに評価され他のサイトから貼られるリンクで、
不自然なリンクとは人気サイトであると検索エンジンに見せかける目的で貼られるリンクです。

他のサイトから運営サイトへ自然なリンクを貼ってもらう最善の方法は、利用者の利便性を最優先に
考慮してページを作成するしかありません。

そしてそのサイトが利用者にとって便利で価値があると他のサイトに評価されると、サイトの人気が
上がり他のサイトからリンクされるようになり増えていきます。

この時点では他のサイトからの一方向のリンクですが、運営サイトからもお返しにリンクを貼り
返した場合、自然な相互リンクになります。

不自然な相互リンクですが、過剰な相互リンクやリンク交換です。

相互リンク集サイトなどを介したり、リンクプログラムなどを利用したりした相互リンクです。

リンクを貼ればリンクを返してくれる相互リンク集サイト、自動的に相互リンクが増加するような
自動相互リンクサービス、1個貼ると何百個や何千個もリンクを返してくれるような
リンクサービスなどは、ペナルティを受ける可能性があるので止めてください。

被リンク対策も重要なSEO対策ではありますが、間違えて対策すると逆効果になります。

* インデックスとは
検索エンジンで検索されるには、検索エンジンのクローラーが情報をデータベースに保存して
認識されている必要がある。
検索エンジンに認識されて検索対象となり、検索エンジンでの検索結果で表示される。
インデックスされるまでは検索対象とならないので、検索エンジンでの検索結果には表示されない。
運営しているサイトや公開した記事を検索しても検索結果に表示されないのは、まだインデックスされて
いない事が多い。

* 検索エンジンとは
検索システムのことでYahoo!JAPANやGoogleなどのこと。

* リンクプログラムとは
プログラムに参加しているサイト同士が簡単に大量にリンクを得られるもの。
自動的に相互リンクが増加するような自動相互リンクサービス、1個貼ると何百個や何千個もリンクを
返してくれるようなリンクサービスなど。

ペナルティを受ける可能性がある相互リンク

相互リンクは必ず運営サイトからリンクを貼るので、リンクを貼ったサイトによってはペナルティを
受ける可能性があります。

Googleはリンク元のサイトはリンク先のサイトを利用者に必要な情報を提供しているサイトと
評価して、リンク先のページを紹介していると判断するため、利用者の利便性を考慮していない
スパムサイトなどをリンク先にすると、偽装行為や不正行為と認識され、リンク元の検索順位を下げたり
検索結果から削除したりします。

以下のような場合はペナルティを受ける可能性があるので注意にしてください。
・相互リンク集サイトなどを介して行った相互リンク。
・自動的に相互リンクが増加するようなサービスやツールを利用した相互リンク。
・自動的に被リンクが増加するようなサービスやツールを利用した相互リンク。
・ペナルティを受けているサイトとの相互リンク。
・SEO業者に依頼した有料リンクとの相互リンク。
など心当たりのある方は、ペナルティを受ける前に、削除したり解約したりなどの対処を
取ってください。

一度インデックスから削除されたりペナルティを受けたりすると、ブラックリストに載り、再び
ペナルティを受ける可能性が高いとも言われているので、ペナルティを受ける前に対処を
する必要があります。

改善した方が良い相互リンク

とりあえず被リンクを集めるために相互リンクが下記のように片寄りがちです。

やり過ぎたり不自然に見えたりする相互リンクは、Googleの検索結果でサイトの掲載順位に
悪影響を与える可能性があります。

以下のように片寄った相互リンクは不自然に見えるので注意にしてください。
・開設したばかりのサイトなのに過剰な相互リンク数。
・発リンクと被リンクが同じ日にしてある相互リンク。
・相互リンク以外の被リンクが無い。
・新規サイト同士ばかりの相互リンク。
・全く関連性の無いサイトばかりとの相互リンク。
など心当たりのある方は、ペナルティを受ける前に、改善してください。

少し前まではペナルティを受けなかった方法が、突然ペナルティの対象になる可能性があります。

不自然に見えないように、バランスよく色々な被リンク対策を少しずつ施してください。

相互リンクの必要性

被リンク欲しさに、リンクプログラムなどを使った相互リンクは、意図的に検索結果を操作するために
行われていると判断され、ペナルティの対象になる可能性が高いです。

過去に貼ったリンクでも不自然なリンクは、ペナルティを受ける可能性があります。

何の連絡も無しに、相互リンク先のサイトが無くなっていたり、相互リンクが外されていたり、
違うサイトにすり替わっていたりする場合もありますので、相互リンク後も定期的にチェックする
必要があります。

相互リンクに対してのペナルティが厳しくなり、相互リンクの依頼をしても危険を避けるために
承諾してもらえない可能性も高くなってきています。

Googleのページランクが1以上あれば、効率が悪く、今後ペナルティを受けるかもしれない
危険を冒してまで、わざわざ相互リンクを行う必要はありません。

良い記事を書いた方がよほどSEO対策になります。

ですがもしサイトを開設したばかりで、Googleのページランクがまだ付いていなかったり、
ページランクが0だったり、インデックスもされていなかったりする場合は、被リンク対策として
少しずつ登録してみましょう。

リンクプログラムなどを利用せずに、手間や時間をかけ、自分で1個ずつ相互リンクをして、
少しずつ増やしていけば問題はありません。

効果的な相互リンクの方法

運営サイトにリンクしている他のサイトのリンクの量・品質・関連性が評価の対象となり、
Googleの検索結果に影響しています。

被リンクの質ですが、目安としてGoogleのページランクがあり、このランクが高ければ高いほど
良質なサイトと評価され、ページランクが低いサイトからリンクを貼られるよりも、ページランクが高い
サイトからリンクを貼られる方が、評価が高くなります。

関連性ですが、例えば婦人服を扱うサイトならば、映画を紹介しているサイトやゲームを紹介している
サイトから被リンクを貼られるよりも、同じ婦人服を扱うサイト、あるいは紳士服や子供服を扱う
サイトから被リンクを貼られた方が、評価が高くなります。

以前は、相互リンク集サイトなどに登録したり、リンクプログラムなどを利用したりして、被リンクを
増やし、被リンク数が多ければ多いほど良いとされていました。

しかし現在はページランクの高い関連性のあるサイトとの相互リンクが理想です。

とはいえ、ページランクの高いサイトとの相互リンクは難しいので、関連性のあるサイトとの
相互リンクを目指しましょう。

リンク集を作成して相互リンクをしても、関連性の高いサイトと少しずつ行う少数のリンクであれば
問題はありません。

被リンクは相互リンクだけに頼らずに、ソーシャルブックマークに登録したり、ランキングに
登録したりなど、相互リンク以外の被リンク対策も必ず行ってください。

相互リンクの仕方は効率良く相互リンク先を探す方法のページをご覧ください、詳しく紹介しています。

相互リンクの注意点

Googleはリンク元のサイトはリンク先のサイトを利用者に必要な情報を提供しているサイトと
評価して、リンク先のページを紹介している事になるため、利用者の利便性を考慮していない
スパムサイトなどをリンク先にすると、偽装行為や不正行為と判断してリンク元の検索順位を下げたり
検索結果から削除したりします。

特にスパムサイトに多いのが、アダルト系・出会い系・金融系・ギャンブル系・美容系へのリンクが
多いサイトです。

相互リンクをする際は、そのサイトがスパム扱いされていないか、よく調べてからにしてください。

Googleは不自然な被リンクに対する取締りを年々強化していて、自動で被リンクや相互リンクが
急激に増えるようなサービスを利用すると、偽装行為や不正行為と認識して、検索順位を下げたり
検索結果から削除したりします。

検索結果でサイトの掲載順位やページランクを上げるために、相互リンク集サイトや
リンクプログラムなどを利用しないようにしてください。

過去に貼ったリンクでも不自然なリンクは、ペナルティを受ける可能性があります。

何の連絡も無しに、相互リンク先のサイトが無くなっていたり、相互リンクが外されていたり、
違うサイトにすり替わっていたりする場合もありますので、相互リンク後も定期的にチェックする
必要があります。

Googleからの評価が下がらないように、これらのサイトはリンクを外してください。

相互リンク集を作成して相互リンクをする場合は、リンクに補足した説明文などがあると評価が
高くなるので、リンクだけでは無く紹介文も付けてください。

相互リンク集は、50リンクを超えそうなら、相互リンク1・相互リンク2などとページを分けて
作成してください。

お小遣いを稼げるサイトにするにはSEO対策も重要ですが、やり方を間違えるとペナルティを受け、
検索結果から削除される場合もあり、お小遣い稼ぎなどできなくなるので、相互リンクをする際には
十分に注意をして、よく調べてから行ってください。

相互リンクは、被リンク対策のために行う作業であり、重要な作業ではないので、優先順位を考え、
多くの時間をかける必要はありません。

重要な作業とは、サイトのコンテンツを充実させる事です。

1日に何十件も相互リンクの依頼をしていたら、記事の更新がおろそかになってしまい本末転倒です。

お小遣い稼ぎをするためには何をするべきか、見失わないようにしましょう。

 


カテゴリー: 最新記事 パーマリンク