記事の書き方を変えれば記事は読まれる

アクセスしてくれた全員が、最後まで記事を読んでくれているでしょうか。

流し読みしただけで帰っていく読者は、思っている以上に多いのが現実です。

それどころか、ページを開いた瞬間に読む気が失せて、閉じられている可能性もあります。

記事のタイトルに興味があるから訪れてくれたはずなのに、読者は何を基準に読むか読まないかを
決めているのでしょうか。

実は、第一印象で決めています。

ページを開いた瞬間に、読みにくそう、難しそうと感じて、読む気が失せてしまい、ページを
閉じてしまった事がありませんか。

これと同じ状況が自分の書いた記事にも起こっています。

一生懸命書いた記事を最初から最後まで読んでもらうには、ページを開いた瞬間の第一印象を
どれだけ良くできるかが重要です。

当ページでは、見やすい記事の書き方・読みやすい記事の書き方・分かりやすい記事の書き方・
伝わりやすい記事の書き方・人を惹きつける記事の書き方を紹介しています。

見やすい記事の書き方

文字は読みやすい大きさで見やすい色にする

本文は読みやすく見やすい大きさにして、見出しやタイトルは本文より大きい文字にする。
本文は見慣れている白い背景に、黒あるいは濃いグレーの文字、リンクは青、協調は赤にするのが
一般的である。
細かい字でびっしり書く、黒い背景に赤い文字で書く、薄い色・淡い色で書く、色んな色で書くなどは、
読みづらく目が疲れてしまうので、誰が読んでも読みやすくする。

背景は見やすい色にする

白い背景が一般的だが、設定する場合は無地で薄い色・淡い色にして、記事が読みやすい色を使う。
記事の背景には、画像・柄・動くもの・点滅するもの・文字が読みにくい色は、使わないで
誰が見ても見やすいものにする。
見出しやタイトルの背景は、設定すると目立たせる効果もあるが、動くもの・点滅するものは避ける。

見出しを使う

段落ごとに何が書いてあるか分かるような見出しを付けると、文章を読みやすくする。
段落とは、文章の中のひとまとまりで、複数の文によって構成されている。
見出しは通常の文章より大きく表示されるので、複数の見出しのサイズを使い分けてページの内容に
階層構造を持たせると、文章にめりはりが出て、読者がページの内容を理解しやすくなる。

空白行を入れる

長々と続く文章は読みにくいので、2行から3行の文に対して1行・2行の空白行を入れ、
強調したい文の前後は2行・3行の空白行を入れるだけで見やすくなる。
空白行とは、何も書かれていない空の行の事である。
5行以上の空白行が続くと、読みづらくなるので逆効果になる。

改行する

改行をしないで書かれた文章は、言葉の途中で行が変わり読みにくいため、文節で改行して
読みやすくする。
文節とは、文を不自然にならない範囲で最小まで区切ったもので、文節の切れ目は、[ね]などを
入れても意味が通じるかどうかで判断できる。
[私は/昨日の/夕方から/友達と/映画を/見に/行った。]を例にすると/のところに
[ね]などを入れても意味が通じる部分で区切ったもの。

画像・グラフ・説明図を使う

記事の内容に関係する画像や写真、雰囲気が合う画像や写真を使うと人目を引く。
言葉だけで説明するのが難しい場合などに、ランキング・グラフ・説明図などを使い説明すると、
より具体的になり、直感的に分かりやすく、正確に伝えられ、説得力が増す。
画像・グラフ・説明図などを使うと、文章以外で興味を持ってもらえる可能性がある。

読みやすい記事の書き方

一文を短くする

多くの情報を1つの文に詰め込み、全てを伝えようとすると長くなるので、2つか3つに分割して、
読みやすい長さに調節する。
1文は50文字くらいに収め、伝いたい事を1つに絞ると、分かりやすく読みやすい文になる。
1文に含まれる単語の量を減らせば、主語と述語の距離が短くなり、言いたい事が伝わり、
説得力が増す。

いらない言葉を削る

無くても意味が通じる言葉は削除する。
あまり知られてはいないが・最も良い方法だと考えられたため・その事について一言付け足すと・
~と見る向きもあるが・苦渋の選択を迫られ・言うまでもないが・どうしてかというと、などを
取り除くと文章がすっきりする。

読点(、)を使う

読点(、)は、息継ぎ記号ではなく、文を読みやすく、分かりやすく、誤解を防ぐために打つ。
悪い例 母親は楽しそうにゲームをしている息子を見ていた。
    (楽しそうにしているのが母親なのか息子なのか分からない)
良い例 1 母親は、楽しそうにゲームをしている息子を見ていた。
    2 母親は楽しそうに、ゲームをしている息子を見ていた。

疑問符や感嘆符を付ける

[?](クエスチョン)や[!](エクスクラメーション)を付けると、めりはりの効いた文章になる。
使い過ぎると説得力に欠けるので、???や!!!のように連続で使わないで、必要な箇所にだけ
付ける。

かっこの使い方

かっこを効果的に使い、文章にめりはりを付ける。
( ) 丸かっこ   : 補足・注記・説明・読みがな・外国語・省略など。
「 」 かぎかっこ  : 会話・引用・固有名詞・慣用句・強調・題名・注記など。
[ ] 角かっこ   : 見出し・引用・参照・強調・補足・注記など。
【 】 隅付きかっこ : 見出し・注記・強調・タイトル・題名・項目など。
〈 〉 山かっこ   : 強調・引用など。
一般的な使い方で、必ずこのように使用しなければならない訳ではない。

記号の使い方

記号を効果的に使い、文章にめりはりを付ける。
? 疑問符      : 疑問・質問など。
! 感嘆符      : 驚き・強調・感動・感嘆など。
・ 中黒       : 並列・同格・区切りなど。
※ 米印       : 注記・参照など。
* アスタリスク   : 注記・参照など。
~ 波形ダッシュ   : 範囲、期間・転換・強調・感嘆など。
/ スラッシュ    : 並列・同格・区別など。
: コロン      : 対句の間・引用や説明の前など。
一般的な使い方で、必ずこのように使用しなければならない訳ではない。

分かりやすい記事の書き方

主語と述語は近くに置く

主語と述語の位置が近いほど、読みやすく分かりやすい文になる。
文が長くなると主語と述語が離れすぎ、主語と述語の関係が曖昧になり、分かりにくい文になる。
1つの文に1つの主語と1つの述語を近くに置き、短くまとめる事が重要である。

敬体と常体を使い分ける

文章が、[~です・~ます]などで終わるものを敬体、[~である・~だ]などで終わるものを
常体と言う。
敬体は柔らかく優しい感じで、読み手を意識した丁寧な文章になる。
常体は硬く断定的な感じで、論文など事実や主張を客観的に書く場合に、説得力のある文章になる。
通常の文章は誰が読んでも失礼が無いように敬体で書き、リストや箇条書きにできる部分は常体で書く。
常体と敬体を効果的に使い分けると、文章にめりはりが出る。

肯定的な表現にする

相手の立場や気持ちを配慮し、後ろ向きな表現を前向きの表現に言い換える。
[~できない]を[~できる]というように、否定的な言葉を肯定的な言葉に置き換える。
[参加できない→欠席する]・[遅刻をしない→時間を守る]・[出社していない→休んでいる]・
[もう半分しかない→まだ半分もある]・[5時まで戻らない→5時過ぎに戻る]・[ケチ→経済的]・
[優柔不断→慎重]・[図々しい→度胸がある]など、置き換えられる表現は置き換えて使用する。
ほんの少しの気配りで読者が感じ良く受け取り、こちらの前向きな姿勢を伝えられる。

具体例を用いる

例えば・例を上げると・具体的に・例として・例を示すとなど、具体例や事例をあげて詳しく
説明すると、分かりやすくなり説得力が増す。
文章にするのが難しい場合、分かりにくい場合は、長々と説明するより、具体例を用いた方が
分かりやすく伝えられる。

漢字とひらがなを使い分ける

漢字が多すぎても、ひらがなが多すぎても、読みにくい文章になるので、漢字3割、
ひらがな7割くらいに、漢字とひらがなの割合を調整すると読みやすい文章になる。
漢字とひらがなの使い分けは、名詞・動詞・形容詞には漢字を使い、その他の言葉はひらがなを使う。
あくまでも目安であり、臨機応変に読みやすさで、どちらにするか決める。
名詞とは、物事の名前を表す語で、文の主語になる。私・時代・水・自由・机・勉強・東京など。
動詞とは、物事の動作・状態を表す語で、文の述語になる。立つ・読む・渡す・書く・開けるなど。
形容詞とは、物事の性質・状態を表す語で、名詞を修飾する。美しい・楽しい・高い・白いなど。

正確に伝える

成果を上げたいからと、嘘をつく、偽る、タイトルと違う内容で書くなど、詐欺まがいな表現は
しないで、正確に伝える事が重要である。
読者は意外と見抜いているので、嘘はつかない、偽らないで、事実の通りに伝えるのが信頼される
近道である。

数字を入れる

金額・時間・個数・統計・割合などの数字を入れて説明すると、より具体的になり、説得力が増し、
比較がしやすくなり、判断しやすくなる。
10や50や100などのような切りの良い数字より、中途半端な切りの悪い数字ほど注目される。
1g配合、1000mg配合、同じ意味だが受ける印象に違いがあり、小さな数字よりも大きな数字に
興味を示すので、数字を使う際には単位にも気を付ける。

伝わりやすい記事の書き方

文章の書き出しは熟考する

書き出しは、話の始まりとして重要で、どんな情報を紹介するのか、それを的確に表現し、興味を
持ってもらわなければならない。
書き出しは、できるだけ無駄を無くし、短くすると印象に残る。
書き出しに、題名と同じ言葉を使うのは避け、題名とは異なる言葉で書き始める。
最初の1行は、文章展開において重要な役割を果たすものなので、妥協せずに納得がいくまで考える。

難しい言葉は避ける

難しい言葉、あまり知られていない用語は、使用しないで、誰にでも分かる言葉を使う。
難しい名称(人名・地名・会社名・商品名・建造物名など)には、ふりがなを付けるか、属性を付ける。
難しいカタカナや英語は、訳して書く。
難しい言葉は、簡単な言葉に置き換えるか、簡単な説明を付ける。
あまり知られていない名称には、簡単な説明を付けるか、属性を付ける。
[杞憂→取り越し苦労]・[すべからく→当然]・[ディティール→細かいところ]などと、
簡単な分かりやすい言葉に置き換える。
ソフトウエア最大手マイクロソフト・パナソニック創業者の松下幸之助氏・神戸の異人館などと、
属性を付けると分かりやすくなる。

難しい漢字は避ける

難しい漢字や漢字を連続して使用しないで、誰にでも分かる言葉を使う。
難しい漢字には、ふりがなを付ける、ひらがなにする、簡単な言葉に置き換える、簡単な説明を付ける。
漢字が続く場合は間の漢字をひらがなにする。
[齟齬(そご)→食い違い]・[撒饌→おさがり]・[午前二時迄残業→午前二時まで残業]など。

専門用語は避ける

あまり知られていない専門用語・業界用語・会社名・商品名・建造物名などは使用しないで、
誰にでも分かる言葉を使うか、簡単な説明を付ける。
自分の仕事関係でよく使う言葉には十分に気を付ける。

略語は避ける

略語は短くて分かりやすそうだが、別の単語の意味と同じになる可能性があり、誤解を招く恐れも
あるので、誰が読んでも意味が通じるように、できるだけ元の形で書くか、簡単な説明を付ける。
自分の仕事関係でよく使う言葉には十分に気を付ける。

不快な表現は避ける

読者が冒涜的・侮辱的・下品・卑猥・誹謗中傷・差別などと感じるような言葉や画像は避ける。
不快感を与えるような表現や誤解を招くような表現はしないで、読者がどう受け止めるかを考える。
親しみを込めたつもりで下ネタを書く、見下した感じで書く、友達口調で書く、などしても
受け取る側は親しみを感じるどころか、気分を害する可能性がある。

回りくどい言い方・遠回しな言い方は避ける

話があちこちに飛ぶ、余計な情報が多い、説明が長いなど、親切・丁寧なつもりが迷惑になる。
誤解を招く恐れがあるので、先に結論を書き明確化し、後で理由を説明すると簡潔に書ける。
前置きや締めが長いのも読者を飽きさせる。

重複した表現は使わない

ないわけではない・できないはずがない・しない事もない、などの二重否定、
お帰りになられました・お召し上がりになられる・ご希望になられています、などの二重敬語、
まだ未完成・途中で中断する・あらかじめ予約する・頭痛が痛い・返事を返す、などの二重表現は、
適切な表現ではないため、読者に知性を疑われるので、正確な言葉使いを意識する。
正しい文章の書き方をしているのか不安な場合は、必ず調べてから書くようにする。

抜き言葉・足し言葉は使わない

[見れる→見られる]・[食べれる→食べられる]・[来れる→来られる]などのら抜き言葉、
[読んでる→読んでいる]・[着てる→着ている]・[勉強してる→勉強している]などのい抜き言葉、
[書けれる→書ける]・[読めれる→読める]・[行けれる→行ける]などのれ足し言葉、
[見させて→見せて]・[言わさせて→言わせて]・[行かさせて→行かせて]などのさ足し言葉は、
適切な表現ではないため、読者に知性を疑われるので、正確な言葉使いを意識する。
正しい文章の書き方をしているのか不安な場合は、必ず調べてから書くようにする。

同じ言葉を連続して使わない

~です・~ます・~した・~しょう・~せん・~ください・~である・~だ・~ない、などの語尾、
しかし・だから・および・そして・つまり・なぜなら・ただし・あるいは・ところで、などの接続詞、
~が・~の・~に・~と・~や・~も・~ので・~たり・~など・~でも~・~しか、などの助詞、
これ・それ・あれ・この・その・あの・このような、そのような、あのような、などの指示語は、
他の言葉に言い換える、削除するなどして、同じ言葉を続けて使わない。
同じ言葉が何度も出てくると、しつこく感じるので、言葉の使用頻度を意識して書く。

曖昧な表現は減らす

言葉を濁したり、曖昧な表現をしたりすると、読者に自信が無い、ごまかしている、隠し事が
あるかのような印象を与えてしまうので、事実であれば曖昧に書かずに断言する。
~と思う・~かもしれない・~のようだ・~でしょう・~ではなかろうか・~かもしれない・~だろう・
~らしい・~くらい・どちらかと言えば・一応・たぶん・おそらく・もしかすると、などは減らす。
具体的で事実に基づく情報を書き、正確性のない情報であれば削除する。

抽象的な言葉を減らす

こと・もの・という・ところ・とき・場合などは、減らす、削除する、言い換える。
~的・~化・~性・~系・~力などは、減らす、言い換える。
平和・幸せ・元気・少し・多い・簡単・難しい・最近・昔・明るい・暗い・高い・低い・
思想・精神・理性・根性・幻想・想像・問題・検討・確認・改善・対策・指導・向上・調整などの
広範な意味を持つ言葉の使用は減らし、具体的でより詳細な言葉を使うように心がける。

受身の表現は減らす

受身の表現は、主語のない文章になりやすく、説得力に欠け、誤解されやすいため、
積極的・意欲的・自発的な表現に置き換える。
[考えられる→考える]・[思われる→思う]・[食べられる→食べる]・[褒められる→褒める]・
[飲める→飲む][買える→買う]・[見える→見る]・[聞こえる→聞く]など。

決まり文句を減らす

昔から使われている、ありきたりな言葉は、新鮮味のない表現で、つまらない文章と感じてしまうため、
減らして、心に響く個性的な文章にする。
開いた口がふさがらない・いやな顔ひとつせず・うれしい悲鳴をあげる・胸をなでおろす・頭を抱える・
声を震わせる・目を疑う・涙を飲む・頭が下がる・天を仰ぐ・肩を落とす・首が回らないなど。

自分の言葉で書く

アフィリエイトをする場合、ASP会社が提供した紹介文しかない文章、それにわずかな文章を
追加しただけの文章だと、同商品を紹介している他のサイトと内容がほとんど同じになり、
読者にとって魅力が無く読む価値の無い記事になる。
購入・申し込みを考えている読者が探している情報は、基本的な情報や特徴ではなく、購入・
申し込みをすると、何を得られどう変化するのかが分かる、詳しい具体的な未来像の情報だ。
使用方法・効果・評価・意見・感想・本音・生の声・体験談など、ASP会社が提供していない情報を
書ければ、読者が集まり、成果につながる。

人を惹きつける記事の書き方

書き出しは疑問文で問いかけ共感する

[?](クエスチョン)を付けた読者に問いかける言葉と、読者の悩みや望みが一致すれば、
答えが知りたくなり先を読みたくなる。
「~でお悩みですか?実は私もそうなのです」・「~ではないですか?私もこれには悩まされました」
のように、この人も自分と同じように悩んでいると分かると親近感が沸き、つい読んでしまう。

結論を先に書く

結論を先に書く事は、その下に続く情報も読むか、すぐに判断でき、時間のない読者への親切でもある。
その結論が気に入れば、その先も読んでくれる。
始めに結論を簡潔に書き、次にその理由や説明を書き、再度、終わりに結論を違う表現で書くと
印象が強くなり、誤解を防ぐ事もできる。

読者の役に立つ必要な情報を提供する

読者が読みたいのは、自分にとって役に立つものだけで、それ以外の情報には興味がない。
どんなに良い記事だと思えても、その記事を評価するのは読者である。
探している情報は、基本的な情報や特徴ではなく、悩みが解決し望みが叶うと、何を得られ
どう変化するのか、詳しい具体的な未来像の情報だ。
何に悩み何を望んでいるのかを推測して、未来像を提供し、実例や証拠も添えて、正確に伝え、
読者と信頼関係を築く事が重要である。

情報の出し惜しみはしない

出し惜しみをしていると他のサイトと同じような内容になり、探している情報を提供できない。
探している情報がなければ他のサイトで探すだけなので、情報を出し惜しみすると読者を失う。
他では得られない情報や知識を惜しげもなく提供し続ければ、読者の信頼を得られる。
読者の信頼が得られると、繰り返し利用してくれる、リンクを貼ってくれる、クチコミや紹介を
してくれるようになるので、情報は出せば出すほど自分に戻る。

良い面と悪い面の両方を書く

良いところばかりではなく、悪いところも正直に書くと、説得力が増す。
良いところばかり書いてあると、いかにも売ろうとしているのが分かり、敬遠されてしまう。
どんなものにも必ず良い面と悪い面があるので、それを包み隠さずに伝えると信用してもらえる。

読者を想定する

例えば、○○の商品を購入するための情報を収集している人を想定するのであれば、○○の商品の
使用方法・効果・評価・体験談・感想・意見・良い面・悪い面など、ここでしか得られない独自の
情報を提供する。
こうした情報は、購入を迷っている人が購入するきっかけになるので、より詳しい情報を提供すれば、
読者が集まり、成果につながる。
不特定多数の人に読んでもらおうとすると、広く浅い記事になり、知っている情報ばかりの
つまらない記事になるので、読者を想定して、その人のために記事を書く。

途中で疑問形の文章を入れる

読者が途中で飽きないように、文章の途中に疑問文を入れると、単調な文章にめりはりが出る。
問題点や課題を挙げて、どうしたらよいだろうか・原因はなんだろうか、などと問いかける。
こんな疑問が沸いてこないだろうか・ここでこう思わないか、などと読み手の思考を誘導する書き方も
効果的だ。

最後に

読者目線で記事を書き、この記事は信頼できる、また読みたい、他の記事も読んでみたい、
と思われれば、偶然に訪れた読者が繰り返し利用してくれるようになります。

読者が求めている情報を提供して、読者と信頼関係を築く事が、アフィリエイトでお小遣い稼ぎを
続けていける方法です。

誰かのマネやコピーではなく、誠心誠意努力して、自分の言葉で正確な独自の役に立つ記事を書く、
その努力が結果を出すのではないでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

・ すぐに使える記事のネタ
・ 記事のネタを効率良く探す方法
・ 読まれる記事のタイトルの付け方
・ 稼げるアフィリエイトサイトの作り方

 


カテゴリー: 最新記事 パーマリンク