記事は書く前に準備をすれば文才が無くても書ける

文章を書くのが苦手な方は、何の準備もせずに書き始めている場合が多いのではないでしょうか。

何の準備もしていないから、あれこれ同時に考えて頭が混乱してしまい、手間取るばかりで
時間が過ぎ、焦って書いてしまいます。

結果、支離滅裂で何が言いたいのか分からない文章になるという悪循環に陥り、苦手だと
思い込んでいるのではないでしょうか。

このような場合、文章を書く準備ができていないだけなので、文章を書く準備をし、
全体の構想を把握していれば、悩まずに書き進められます。

当ページでは、準備に時間をかける・伝える記事を書く・アフィリエイトサイトの意味を考える・
日頃から情報収集をする・構成をする・下書きをする・最初から最後まで一気に書かないを
紹介しています。

準備に時間をかける

文章を書くのが苦手な方は、運営サイトのテーマに関係する知識や経験が少ないため、記事を書くのに
必要な情報が足りないのです。

経験不足や知識の無さにより、記事のタイトルが決まっても、情報の少なさで話を展開できずに、
書けないと悩み始めてしまいます。

書く前に準備をして、何を書くのかを決めておけば、悩む必要はありません。

経験不足や知識の無さも事前に調べて補えます。

記事を書く前に何を準備すれば良いのか、自分なりに具体的な作業手順を作っておきましょう。

伝える記事を書く

読者が読みたいのは、自分にとって役に立つ情報だけで、それ以外には興味がありません。

どんなに良い記事だと思えても、その記事を評価するのは読者です。

読者は、タイトルに魅力がなければ通り過ぎてしまうし、読みにくい、難しいと感じれば、ページを
閉じてしまいます。

アフィリエイトで必要なのは、いかに売れる記事を書けるかという文才ではありません。

必要なのは、心を動かして、購入・申込などの行動を起こしてもらうための、書き手の熱意です。

心を動かしてもらうには、書き手が読者の事を真剣に考えて、書き手が読者に共感して書きます。

書き手が読者に共感して書けば、この人(書き手)も自分(読者)と同じなんだと分かり親近感が沸き、
読者目線で書けば読者にとって分かりやすい文章になります。

そこで、悩みが解決し望みが叶うと、どんな変化があり、何を得られ、どんな未来が待っているのかを
具体的に詳しく書きます。

その未来が気に入れば、この人(書き手)は、どうやって悩みを解決し、望みを叶えたのだろうと
興味を持ち、その未来を手に入れる情報を求めます。

この商品を使用する、このサービスに申込すれば、その未来を手に入れられると紹介します。

購入・申込に踏み切れるよう、それを裏付ける事実・数値・具体例などを詳しく説明して、
納得して行動を起こせるように、不安を取り除きます。

購入・申込をしなければ、何を失い、どんなに違う未来になってしまうのかを比較して、説明します。

読者が読みたい情報、必要な情報を推測し、それに関連する情報を一生懸命に探して、
読者の事を第一に考え、読者目線で伝える事が重要です。

アフィリエイトサイトの意味を考える

なぜ企業が経営しているネットショップから購入・申込をしないで、あえて個人が運営している
アフィリエイトサイトを経由して購入・申込をするのでしょうか。

企業が経営しているネットショップは、基本的な情報や特徴、良い面の情報しか提供していないので、
不安になり、購入・申込に踏み切れめません。

購入・申込に踏み切るために、納得して行動を起こせるような、不安を取り除いてくれる情報を
探しているのです。

探している情報は、基本的な情報や特徴ではなく、購入・申込をすると、どんな変化があり、
何を得られるのか、詳しい具体的な未来像の情報です。

未来像を裏付ける事実・数値・具体例などを詳しく説明して、不安を取り除きます。

個人が運営しているアフィリエイトサイトが成果を上げるためには、徹底的に調査をして、読者が
納得して行動を起こせるような詳しい情報を、提供しなければなりません。

調査した結果は、良い面と悪い面の両方を包み隠さずに提供すると、説得力が増します。

他では得られない情報や知識を惜しげもなく提供すると、読者の信頼を得られます。

読者の事を第一に考えて、一生懸命に心を込めて書けば、書き手の思いが読者に伝わります。

難しいテクニックや戦略は必要ありません。

商品・サービスに対して、どれだけ多くの情報を正確に伝えられるかです。

調査をする時間と努力を惜しまないで、記事の内容を充実させる努力が重要です。

企業が経営しているネットショップにはできない、ひとつのテーマを深く掘り下げたサイトを
作成するのが成功の秘訣です。

日頃から情報収集をする

まずは、記事を書くための情報を集めます。

そのためには、テレビ・新聞・雑誌・書籍・ニュースサイト・質問と回答 (Q&A)サイト・
人気記事や注目記事を紹介しているサイトなどから、幅広く情報を集め、使えそうな情報を小さな事でも
ネタ帳に書き込むように習慣化しましょう。

そして、常日頃からアンテナを張り巡らせ、情報収集をする努力が必要です。

情報収集しておく

・ネタが浮かんだらノート・手帳・パソコン・スマートフォン・携帯電話などに、メモを取る。
・今回は使用しなくても後日使用するかもしれないので、思い付いたネタはメモを取る。
・運営サイトと同テーマのサイトを調査して、どういう記事を書いているかチェックする。
・どのネタをどこに保存したのかが分かる一覧表をExcelなどに作成して、整理・分類する。
ネタが想い付かなければ、記事のネタを効率良く探す方法すぐに使える記事のネタ
記事のネタを探す方法を考えたので、参考にしてください。

資料を集めておく

・記事の材料になりそうな写真・グラフ・資料・情報・素材などを保存する。
・今回は使用しなくても後日使用するかもしれないので、気になったものは保存する。
・運営サイトと同テーマのサイトを調査して、どういう資料を添付しているかチェックする。
・どの資料をどこに保存したのかが分かる一覧表をExcelなどに作成して、整理・分類する。
・資料はメモ・ノート・スクラップなどインターネット上に保管できるサービスを活用して整理する。
インターネット上に保管できるサービスは、データを保管するのに便利なおすすめサイト一覧
まとめたので、参考にしてください。

構成をする

読者は悩みや望みに対して、次の行動を起こすための導きとなる情報を求めています。

読者が読みたい情報、必要な情報を推測し、それに関連する情報を探して、徹底的に調査をします。

読者が納得して行動を起こせるように共感して、詳しい情報を読者目線で伝えます。

この事を考慮して何を書くか明確化し、準備さえしておけば、必要な情報をわかりやすくまとめて、
効率良く効果的に伝えられ、順調に書き進められます。

伝えたい事を明確化する

・どのような内容の記事を書くか、伝えたい事を明確化する。
・ネタ帳から伝えたい事に合ったネタを全て抜き出す。
・さらに伝えたい事について、思い付いたものを全部書き出してみる。
・伝えたい事をまとまりごとに分ける。
・似ているものはまとめ、伝えたい事から外れているものは捨て、整理する。
・捨てるネタは、後日使用するかもしれないので、ネタ帳に戻す。

構想を練る

・この記事を必要としているのは、どういう方なのか、読者の環境を想定する。
 年齢・性別・家族構成・職業・所得・性格・欲望・願望など。
・読者はなぜこの記事を読もうとするのか、読者の悩みや望みを想定する。
 失敗・不満・無知・無能・不安・恐怖・痛み・苦しみ・悩み・焦り・孤独・退屈・欲望・願望など。
・その悩みや望みは、この記事を読めば解決でき、叶う事を伝える。
・悩みや望みに対して何をすれば、今までよりも早くて簡単に解決でき叶うかを示す。
・悩みが解決し望みが叶うと、どのような未来を得られるのかを伝える。
・万人向けではなく想定読者向けに、結末までの大まかな話の流れをまとめる。
・大まかな話の流れに沿って伝えたい事をまとまりごとに並び替える。

仮タイトルを決める

・読むだけで記事の内容が把握できるような仮タイトルを付ける。
・全角で約30文字が検索結果のタイトルに表示されるため、30文字以内で仮タイトルを付ける。
・専門用語や難しい漢字は使わずに、世間一般的に知られている用語や言葉を使う。
・検索結果の上位に表示させたいキーワードを含める。
・この記事は悩みを解決し、望みを叶え、役に立ち読む価値があると思える仮タイトルにする。
仮タイトルが想い付かなければ、読まれる記事のタイトルの付け方に記事のタイトルを探す方法を
考えたので、参考にしてください。

見出しを付ける

・文章が続くと読みにくいため、まとまりごとに大見出し、小見出しを付ける。
・見出しを斜め読みするだけで、記事の内容が把握できるような見出しを付ける。
・専門用語や難しい漢字は使わずに、世間一般的に知られている用語や言葉を使う。
・検索結果の上位に表示させたいキーワードを含める。
・その記事の中で言いたい事・重要な点・強調したい点を簡単で手短に無駄が無いように表現する。

確認する

・仮タイトル・大見出し・小見出しで目次を作り、各部分で何を書く予定か箇条書きにする。
・想定読者の環境を絞り込めているか。
・想定読者の悩みや望みに対して、何をするべきか案内できているか。
・言いたい事・重要な点・強調したい点を伝えられているか。
・必要な情報が簡単にわかりやすくまとめられているか。
・見落としや無駄が無いか。
・確かな情報源からの情報でない場合は、2カ所以上から裏を取ってあるか。

下書きをする

書く準備が整ったら、パソコンに標準装備されている[メモ帳]・[Word]などの文書作成ソフトを
使って、下書きをしましょう。

文章を練り直す、前後を入れ替えるなど、追加・修正・削除するには、文書作成ソフトを使うと、
作業が簡単にできます。

書体・文字の大きさ・文字の色・太字・下線などの装飾は後にして、とりあえず文章を書き上げます。

無駄な要素は省いて短く読みやすくして、必要な要素は簡単で分かりやすい言葉で書くようにします。

偽りや誤りが無く、事実と正確な内容を自分の言葉で伝えます。

先に結論・結果、次にそれを裏付ける事実・数値・具体例、最後に説明・理由・補足を書きます。

読者は最初の3秒で流し読みをして、読むか読まないかを決めていると言われています。

書き出しと見出しを流し読みをしただけで、必要な情報が無さそうだと感じればページを閉じてしまい、
必要な情報が有りそうだと感じれば、その先も読んでもらえます。

書き出しと見出しは、文章を読んでもらうための重要な部分なので、妥協せずに納得がいくまで
考えてください。

記事の書き方は、読まれる記事の書き方に詳しい記事の書き方を考えたので、参考にしてください。

最初から最後まで一気に書かない

一つの記事を書き終えてから、次の記事に取りかかるのではなく、いくつもの記事を同時進行します。

例えば、Aの記事を書けるだけ書いたら、後は無理をせずに、Bの記事の準備を進めます。

翌日は、Bの記事を書けるだけ書き、Cの記事の準備を進めて、Aに戻り書けるだけ書きます。

翌々日は、Cの記事を書けるだけ書き、Dの記事の準備を進めて、Aに戻り書けるだけ書き、
Bに戻り書けるだけ書きます。

このように繰り返していると、Aが完成し、Bも完成し、…と続いていきます。

この方法だと、常に新鮮な感覚で対応できるため、客観的に見えて、気付ける部分も多くあり、
妥協せずに納得がいくまで考えられる、途中で新しい発想がある、矛盾している点や足りない点を
発見できるなど、冷静に確認作業ができます。

最初から最後まで一気に書こうとする、細かい部分にこだわり過ぎると、煮詰まって次に進めなくなり、
時間の無駄になるので、煮詰まったら無理をせずに寝かします。

アイデアを寝かしている間に新しい発想があり、さらに内容が充実できます。

旬なアイデアではない場合、時期を見計らい、絶妙なタイミングで記事にしてください。

記事を書くために費やす時間を減らす、読まれる良い記事を書くためには、いくつもの記事を
同時進行して、書けるところから書く事が重要です。

最後に

アフィリエイトでお小遣い稼ぎを続けていくためには、記事を書き続ける必要があります。

記事を書くためには準備をする時間に最も時間を割いて、書く内容を明確にしておきます。

この準備がしっかりとしているかどうかで、読まれる記事が書けるかどうかも変わってきます。

読まれる文章は、綿密な準備による努力の賜物なのです。

あわせて読みたい関連記事

・ すぐに使える記事のネタ
・ 記事のネタを効率良く探す方法
・ 読まれる記事のタイトルの付け方
・ 稼げるアフィリエイトサイトの作り方

 


カテゴリー: 最新記事 パーマリンク